うさぎのTCGカードコレクション

遊戯王などのTCGに関するコレクター情報や購入品などを紹介

【自作】未開封パックコレクション用リフィル

こんにちは、うさぎです。

TCGをコレクションする傍ら、未開封パックのコレクションも行っているのですがパックのコレクション用アイテムって全くありませんよね。

私も当初は上手にコレクションする方法が見つからず右往左往しておりました。

 

しかし、現在ではこのようにリフィルを自作して未開封パックをコレクションしております。

f:id:usagi_tcg:20210517214457j:plain
f:id:usagi_tcg:20210517214509j:plain

そこで今回は、現在私が行っている未開封パック用リフィルの作り方を紹介します。

 

 

はじめに

遊戯王のパックの大きさは約縦13.9x横6.8cmであり、これを収納するための6ポケットリフィルを探しておりましたが、ポケットが僅かに小さくパックが収まらないものしかありませんでした。

そこで現在では、2ポケットリフィルを自ら加工し、6ポケットとして使用しております。

 

準備するものは以下の以下の4つです。

1. PLUS (プラス)社 A4 2ポケットリフィール (製品型番 : RE-143RW-10P / 87-442)

1ポケットのサイズが縦内寸150mmx横内寸214mmとなっており、他社の2ポケットリフィルよりも若干大きくなっています。

他の製品では内寸が若干小さく、パックを収納できませんでした。

2. goot (グット)社 ホットシーラー ヘラ型 (製品型番 : HS-40)

 ローラー型もありますが、ヘラ型の方が使いやすいと思います。

ホットシーラーの温度、電気調節用のパワーコントローラーもありますが、私は使用していません。

心配であればご購入ください。

3. goot (グット)社 替セロファン (製品型番 : HS-40SF)

リフィルに直接ホットシーラーを使用すると、リフィルが溶けてしまいますので間にこれを敷きます。

上記のホットシーラーに1枚付属おり、私はその1枚を未だに使用しているので余裕があれば。

4. シンワ測定 ステンレス製定規

熱で溶けないものであればなんでも良いです。

 

 

 

作り方

1. 接着位置に目印

f:id:usagi_tcg:20210517214408j:plain
f:id:usagi_tcg:20210517214420j:plain

A4用紙にホットシーラーを接着する位置をマークします。

リフィルの横内寸が214mmですので3分割して、右側から約71mmずつ目印をつけます。
私はリフィルのリングが左に来るようにし、A4用紙をリフィルの右下に固定しています。

 

2. ホットシーラーで接着

f:id:usagi_tcg:20210517214432j:plain
f:id:usagi_tcg:20210517214355j:plain

定規を使ってセロファン越しに目印に沿ってホットシーラーで接着していきます。

ホットシーラーは2枚目の画像の先端部のみを使って接着すると、接地面が少なくなり、接着範囲を小さくできます。

接着する際のホットシーラーを引く速さは、丁寧に字を書く程度の速さで行っています。

慣れるまでは十分に接着出来ていなかったり、リフィルを溶かしすぎてしまうと思いますので、多少のリフィルは無駄にする前提で何度か練習してみてください。

 

3. 完成

f:id:usagi_tcg:20210517214443j:plain

2ポケットリフィルから6ポケットリフィルが完成しました。

遊戯王に関してはOCGおよびラッシュのいずれも収納できます。

サイズが少し大きなポケモンカードも収納できますが、パックの歪みが多少生じます。

また、ポケモンカードのカード枚数が多いハイクラスパックもきつめですが収納できます。

一方で、封入カード枚数が多いパックやパック自体のサイズが大きいものは収納できないものもあります。

 

均等に接着できていないと1ポケットだけパックが収納できない等の場合もありますので、接着位置にはお気を付けください。

 

あとがき

上手く説明するのが難しく分かりにくくなっているかもしれません。

不明な点等ありましたら、修正していきますのでコメントまでよろしくお願いいたします。